むち打ちの方、接骨院へ行きましょう

交通事故により、むち打ち症となったのですが、整形外科の先生から接骨院への通院を提案されて行ったことがきっかけです。

事故直後は少ししか痛みがなく、コルセットも不要とのことで、翌日から通常通り肉体労働に取り組みました。すると、1週間後から約1ヶ月間、首と右半身(右肩甲骨や、右脇、腰の右側)の痛みが強くなり、手が痺れたり、動かしづらくなる、強い片頭痛が顕著に現れる、このような症状が続きました。

整形外科・脳神経外科で、検査や牽引、電磁波療法など試みてくださったのですが、大きな外科的異常は確認できず、接骨院に通ってリハビリを続けることも手かもしれないと言われました。

接骨院にいったら患部をマッサージしながら確認され、首の右側の筋肉がとても硬くなっていると教えてくれました。

事故直後、湿布処置だったこと、すぐ通常勤務で体を使っていたことが原因で、痛んだ首の神経を、コルセット代わりに支えて保護しようと、首の右側の筋肉が硬直したためだったそうです。

固まった筋肉をほぐすこと、神経の信号がスムーズに通るようにすることが大切とのことで、週1(本当は毎日が望ましいですと言われましたが、勤務上、週1が精一杯でした。)で通院しました。少しずつですが、痛みや症状が和らぎ、1年後には痺れと動かしづらさは無くなっており、そのことによるストレスはだいぶ解消されたので、ホッと安心することができました。

むち打ちに限らないかもしれないですが、首を大きく痛めたら、わずかな痛みでも、1週間は絶対安静に、できれば体を横にする時間を確保してください。

また、専門的な体のほぐしを続けること、これが大きな薬となります。

この辛さはいつまで続くのだろう。辛さを親しい人に訴えても相手がピンとこない。このしんどさは、当事者にしかわからない痛みだと思います。

ですが、接骨院に通い、治療を受けるたびに、先生はこの辛さにも耳を傾けてリラックスさせてくれました。

また、たまに気分転換で温泉やラドン温泉などに寄ってみてください、と接骨院の先生から馴染みのお店を紹介してもらいました。

そこで出会う人も同じ接骨院に通ってらっしゃったり、何気ない話や、一緒に温泉とストレッチを楽しむことで、リラックスに繋がり体に良い影響となって出てきた気がします。

先生のアドバイスに、今もとても感謝しています。悩んでいらっしゃる皆様も、ぜひ一度接骨院へ足を運んでみてください。

 

PR/ 英語上達の秘訣 英語上達の秘訣 女性向けエステ.com クレジットカードの即日発行じゃけん 住宅リフォーム総合情報 貯蓄 初値予想 童話 心の童話 ショッピングカート