オーバーユースの膝痛は病院へ行くだけじゃダメ

以前からボクシングを2年ほど続けておりましたが、大会に向けてハードな練習を行うように練習メニューを変え、自分の不得意だった足を強化することにしました。

そこで主にダッキングやスウェー、膝を使った移動を徹底的に行い続けたところ、徐々に膝への違和感を感じ最終的に膝の痛みで階段が降りられなくなったために整体院へ行きました。

アキュスコープという電気信号による治療を行い痛みを感じている部分に信号を送り、脳が痛みを感じなくするような施術をしました。そうすることで施術を受けた日は痛みを感じず階段も楽に降りられるようになりました。

また、病院にいくだけではなんとなく温められて湿布を貼られて終わりというのが一般的ですが、整体では一人一人に合わせた丁寧なカウンセリングとその人がどういう生活スタイルでどういうことをしているかということを深く聞いてくださるので、日常生活でこういうことはしてはいけない、あなたの職業ではこういうことが多いと思うからこういった動作はしてはいけない。といったアドバイスをくださり痛みで不安な心もケアしていただきました。

オーバーユースによる膝の痛みはきちんとケアしなければ繰り返すものになるので、普通の病院で湿布をもらうのではなく自分が信頼できると感じる整体や接骨院を探して相談しながら改善することが1番大事です。